素材にこだわったファサードへ(神戸市西区H様邸)

Designer 寺田 浩二

施工前

施工後

【担当デザイナーからのコメント】

20年近く使用し、かなり老朽化が進んでいる危険なウッドデッキの修理というのがH様よりのご相談でした。
イメージ作りが進むにつれ、H様も私もお庭への希望が大きく膨らみ、せっかくデッキが綺麗になるなら、 あわせて門周りも個性的に演出したいですよねということとなり、施工前からは想像もできない素敵なお庭に変わりました。

存在感のある石積み調の門柱やオリジナルのロートアイアンフェンス、イギリスのアンティークレンガなど、 素材には特にこだわり、お家をより一層引き立たせてくれる豪華なファサードに。
他にも、ほとんど使用する機会がなかったバックヤードは、メンテナンスが要らないよう石畳に変え、流木テーブルや アンティークチェアーなどを設置してみました。
寄せ植えを作ったり、ゆっくりくつろいだりで、今では奥様の一番のお気に入りだそうです。

夜にライトアップされる木製扉を見た方から「あの向こうはワインセラーなのですか?」と、いつも尋ねられるそうですが その真相はH様と私共の秘密なのですよ。これからもっともっと味わい深くなるH様のお庭がとても楽しみです。

このページのトップへ