境界フェンスのリフォーム(神戸市西区M様邸)

 

施工前

施工後

【担当デザイナーからのコメント】
和室前の目隠しに1本のシマトネリコを、とお店にいらっしゃったのが始まりでした。

ご入居されてから、より使いやすくなるように幾度か手を加えられており、より快適に住まわれるため常に努力をされているお施主様でした。
まず4戸が向かい合う角地にあるため、コーナー部分にあたる和室前の目隠しと境界フェンスをより魅力的にすること、そして既存のウッドテラスから50cmほど低くなった細長いお庭スペースを、つい外に出てしまいたくなるお庭に生まれ変わらせること、この二つを実現するべく、プランニングを進めました。

どうすれば、そこを通るたび豊かな気持ちになれる空間を作り出すことができるか、そして使用する素材や色、メンテナンスの有無など、お施主様との打合せにはたっぷりと時間をかけました。

既存のレンガと極力同じ色のレンガを使用し、アルミ材のフェンスと特注扉を選ぶことでメンテナンスはほぼフリーとなり、フェンス内の小道とフェンス、そしてガラスブロックを照らす照明は、夜にはご家族の方々を迎える誘導灯の役割も果たしてくれます。

新しくできあがった部分が、既存の外構をより魅力的に見せてくれるバランスのよい外構になったと思います。
さらに植栽が入ることにより、お家全体が生き生きと呼吸しはじめたかのようです。

M様、ほとんどがお留守の間の工事となり、工期中は不安な思いをされていたと思います。今回至らなかった部分は、これからのアフターフォローで挽回する所存ですので、どうぞこれからも末永いお付き合いをよろしくお願いします。

このページのトップへ