アプローチ廻りのリフォーム(神戸市西区I様邸)

 

施工前

施工後

【担当デザイナーからのコメント】
ご入居されて8年のお宅のアプローチ廻りのリフォームのご依頼でした。

お玄関廻りの機能門柱の使い勝手も悪くなっており、快適で使いやすく、できるだけあるものを壊さず生かす方向でプランを進めました。

まずは既存の花だん(道路沿い)をフラットにして、花だんの範囲内でポスト・表札等を含めた門柱と自転車の出入り口のスロープを設けました。植栽はたくましく育ったコニファー達を抜き、ウェルカムスペースとしての花だんと他2ヶ所に、落葉樹(ジューンベリー)と半常緑(シマトネリコ)を植えています。

お玄関前の100角タイルと、ガレージの平板は既存のものを残し、今回設置したレンガ角柱2本とアイボリーの塗り壁によって、グレイトーンの建物の足元を明るくし、木製スロープ及び木製側溝ブタが門柱まわりの輪郭を引き締めています。

道路に面した和室の前に設置したアルミのパネルには、カロライナ・ジャスミンをはわせ、来年にはつるもどんどん伸びて、窓を開け放して和室でも快適に過ごしていただける予定です。

レンガの格調と塗り壁のやわらかさ、そして木製スロープのナチュラルな質感がとてもやさしい雰囲気を生み出しており、今後の植栽の成長とともに、より素敵になっていくであろう、とても楽しみなお宅です。

このページのトップへ