ビンテージブリックを使ったリフォーム(神戸市西区H様邸)

 

施工前

施工後

【担当デザイナーからのコメント】
アンティークな質感がお好きな奥様の為、ビンテージブリック(1920年代の上海租界時代の建築に使用されていた古煉瓦)を選びました。表面の色幅やテクスチャーに歴史を感じる仕上がりになりました。
上部ウリンフェンスはアプローチ脇に設置されている既存のウリン製スクリーンフェンスと極力デザインを合わせて統一感を持たせました。車庫側はレンガ貼りですが、お庭側はレンガ小口を縁取りにした左官仕上げとする事で、外側とは違う柔らかな印象になりました。

このページのトップへ