活用できる素敵なお庭へのリフォーム(神戸市西区F様邸)

Designer 寺田 浩二

施工前

施工後

【担当デザイナーからのコメント】
以前に工事をさせていただいたお客様からのご紹介でお庭のご相談をいただきました。

洗濯物を干す程度にしか使えていなかったお庭を、もっと活用できるスペースに変えたいとのご要望を形にしてみました。

プランには、ガーデンリビングの他に自転車を収納できるスペースの確保などデザイン性だけでなく機能面も満たす提案が必要でした。

主役のガーデンリビングにはココマを用い、ココマ特有のやわらかい木目を損なわないように、その床はハンドメイドのテラコッタタイルとしました。
腰壁の塗りとテラコッタそしてココマという組み合わせで、アルミ製品とは思えない雰囲気に仕上がったと思います。お嬢様の決死の手形もいい感じです。

そのココマへと続く自然石のテラスは、通路として使うだけでなくベンチとしてもお使いいただけるよう曲線をもたせて みました。そのテラスに積んだアンティークレンガは、より雰囲気が出るように、わざとランダムな大きさに割ったり、 小さな小窓をあけてみたりという、奥様こだわりのレンガ壁です。

以前は生垣と土留めブロックで仕切られていた道路との段差も、スロープにすることで、自転車の出入りが楽々できるようになりました。その素材は、表情豊かなアンティークレンガで仕上げ、レンガと調和するよう木製の門扉を設置しました。その門扉を入った奥に自転車用のシェルフを設けています。

ほど良いグリーンのスペースと、かわいらしいガーデンリビングのあるこのお庭で、かわいいお嬢様が芝生の上で飛び回る姿や、植物の移り行きなどを、これからゆっくりとご夫婦で楽しまれるのでしょうね。

F様本当にありがとうございました。

このページのトップへ